イギリス、ハイランドのたび  1991/09

マンチェスター リバプール エジンバラ セントアンドリュース インバネス スカイ島 バース ロンドン

1991年夏期休暇を使い、スコットランド地方を中心に廻りました。画像はフイルム写真をスキャンしたものです。

1991/09/10 マンチェスター
マンチェスター、キャッスルフィールドのローマ遺跡 果物屋さん
AD79ローマ軍の砦として建設されたそうだ キャッスルフィールドの街角

1991/09/11 リバプール

マージー河でフェリーに乗りました。
リバプールの町も見学しました。画像がないのです。おのぼりさんのような観光客が多かったと記憶があります。
フェリーの切符

1991/09/13 エジンバラ、セントアンドリュース。お宿はエジンバラでした。
セントアンドリュースオールドコース、右後方がスタートの場所、コース右側が海です。
スターターです。
当時、ゴルフにはまってました。
オールドコースを横ぎっている水色の線は道路です。海側に出られます。見学している最中も買い物袋を持ったおばさんや、犬を連れた人など、どんどん横断していました。 絵葉書より
セントアンドリュースへの道標 セントアンドリュースの町
ゴルフクラブを制作する店、ウェアを売る店などゴルフ関連グッズの店が多かった。
パブです。 パブの看板色々。絵葉書から

エジンバラ、オールドタウン プリンセス通り庭園から 右の方にエジンバラ城があるのだ。
プリンセス通りから、エジンバラ城
エジンバラ城(絵葉書から)女王が滞在の際は国旗が掲揚されるのだ。 エジンバラからハイランド地方の首都インバネスに向かいます。
車中から、刈った草は円柱のような形にしてあった。ヨーロッパは、ほぼこの形、醗酵させて飼料とする。
インバネスはハイランド地方の首都です。
到着した日、インバネスは何かのイベントの最中であった。タータンチェックの商品を売るお店が目に付いた。
インバネス城。マウスオンで銅像
城の前には、フローラ・マクドナルドの銅像があります。この人はプリンスオブ・チャーリー・ボニー(スコットランド王の正当な後継者であると主張し、イングランドと戦い敗れた)をかくまった人です。
ネス川越しに見るインバネス城。

1991/09/15 ネス湖。ネッシー探しのバスツァーに参加。
ネス湖へのバスツァーのパンフレット インバネスからネス湖へは、右も左もヒースの丘だった。
ネス湖とウルクハート城の廃墟、17世紀末にイングランド軍に破壊されました。
ウルクハート城を背景に。
一緒に撮影するのは勿論有料です。
魚群探知機を搭載した船に乗りネス湖を遊覧します。ドイツ人のグループと一緒でした。
センターは、ネス湖で見たといわれるネッシーの資料、ネッシーの探索船、探索方法の解説や関連グッズの販売があった。現在はどうなっているのかしら。 バスツァーは10:00出発で£7.50だったのね。

1991/09/16 スカイ島

インバネスからカイルオブロッハルシュへ
鉄道で移動、フェリーでスカイ島へ

この線に乗りました

フェリーの切符
スカイ島に到着。Skyeはゲール語で「翼のある島」と言う意味だそうだ。
着いた日は、どしゃぶりになった。宿はタクシーの運転手さんに聞けということで、聞いたら、そのご当人がB&Bをやっていたのだった。滞在中、この観光タクシーにお世話になった。
スカイ島には、アウトドア用品の店、目のさめるような色合いのセーターなどを売る店、がありました。
クラン・ドナルド・センター、ドナルド一族の博物館
ドナルドとかマクドナルドとか、日本で言えば源氏とか平家とかいったところであろうか。
センターの入場券
ダンヴェガン城。
内部には、スコットランドとイングランドの戦いの歴史についての展示がありました。つくづく、別の国なんだなぁと感じました。
ダンヴェガン城全景。
ガイド誌の表紙から
ダンヴェガン城 資料より スカイ島の絵葉書。 ブリッテル湖とカウリン山。

アーマデイル港からフォートウィリアムへ。
フォートウィリアムではまた大雨に降られました。
フォートウィリアムからの列車は渓谷を走り、景観は見事でした。
フォートウイリアムからロンドンまで寝台車に乗りました。
バースです。ロンドンに宿をとり、日帰りしました。片道一時間くらいです。
エイボン川にかかるパルティニー橋
橋の上は土産物屋さん、アンティクを売る店などがある。

バース寺院は補修中でした。
隣に博物館があり、内部はバースの歴史を説明しています。
バース寺院西入口

丸い郵便ポストです。
日本の郵便制度は、英国をお手本としたので、このようなポストを導入したのだ。
気球が浮かんでいました。

1991/09/20〜21ロンドン市内

ロゼッタストーンです。
今思えば、大英博物館は館内撮影O.Kだったのだ。
ミイラが入っている第一の棺 ミイラのレントゲン写真です。

シリア館。バビロンの神殿門ですね。

丁度、鎌倉展を開催中でした。
朝日新聞社とコニカ社が協力と書いてありました。


ティラノサウルス骨格標本です。
マヤ文明、コパン遺跡の石碑ですね。
タワーブリッジに向かいます。 橋の機械室には橋にまつわることが展示、説明されているのだ。橋が上がる様子を画面で見せていた。
タワーブリッジからテムズ河です。手前右手、森はロンドン塔です。遠くにロンドンブリッジが見えています。
タワーブリッジは1894年完成、跳ね上げ橋(勝鬨橋のようなもの)。当初は水力利用のため橋をあげるのに10分以上もかかった。現在は電力利用なので3〜4分であがるようになったそうだ。
地下鉄ベイカーストリート駅はシャーロックホームズ一色だった。 タイル一枚一枚に、シルエットが・・。

マダムタッソーの蝋人形館、見学しました。
マリリン・モンロー
ヒッチコック TV人気シリーズだった「チームA」の一人。
現在、10chで昼間再放送中。

HOMEへ  PAGE TOP

ごらんいただき、ありがとうございました。   

  

SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO